中学受験はプレッシャーを与え過ぎない事が大事

中学受験を控えた子どもに過度のプレッシャーを与えてしまう事は逆効果につながります。
中学受験は子どもより親が張り切っているケースを良くみます。親が子どもに過度のプレッシャーを与えてしまっては、子どもが勉強するのが余計にいやになってしまい、成績が伸びない事にもつながってきます。

中学受験で万が一失敗をしたとしても、高校受験や大学受験がそのあとに控えていますから、そこまで心配する必要はないと思います。

高校受験や大学受験とは違い、中学受験の場合多くの子どもがなぜこんなに勉強をしないといけないのか。を理解出来ていないまま、親に言われるがままに勉強をしている事が良くあります。その上、さらにプレッシャーを与えてしまうともう子どもはそのプレッシャーに勝てず潰れてしまいます。

子どもに期待したい気持ちは十分に分かりますが、中学受験で子どもの人生が全て決まるわけではないので、子どもが楽しく勉強が出来るまたは勉強がしたいと思える環境を作る事が一番大事だと思います。

また中学入試では暗記をしないといけない知識もたくさんありますが、頭の柔軟性を問うような問題も多く出題されます。リラックスしている状態の方がより良い成績を出す事が出来ますので、焦らずに子どもを見守る事が大切です。